2018年08月20日

近状報告

その後の体調についてご心配をおかけしてる
みたいなので・・・

昨年5月2日の余命2時間の宣告を受けた
手術は取り敢えず奇跡的に成功。
しかし・・・その後1か月経たない内に
腹膜が破れ再手術に伴う精密検査と
直ぐに手術不可能との事で・・・
余りにも前回手術時の状態が悪すぎた為
と全身麻酔が不可との事で手を付けらないまま
今年2月に病院を替り、局部麻酔にて回復手術
を受け、敗れた腹膜の縫合を無事に済ませ。
窯焚きも有ったのでこなして・・・
他の箇所、昨年の手術箇所に新たに腹膜が
また破れかかって来てる所が見つかり・・・
直ぐに再度開腹手術を受けるか
暫く様子見で、時機を見て開腹手術を受けるか
現在医師と相談しながら検討中。
昨年緊急手術にて命を助けては貰ったものの
其処の担当医が余計な事をした箇所が有り
その為に術後腹膜が破れるを繰り返し中・・・
多臓器にわたり、全身癒着が激しすぎる為に
なるべく開腹手術時には最小限に切り箇所を
押さえたいらしいが・・・今回3回目となり
前回腹膜が破れ開腹手術をした時より
大きく切って腹膜の縫合をするかと・・・

秋にはそれでも 穴窯、青備前・汐窯の窯焚きと
角窯での業者向け注文品は窯焚きを済ませて
その後に、開腹手術を受ける様にして貰うかな。
posted by まるちゃん at 02:03| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする