2017年05月11日

危うく・・・

ドタバタと忙しかったり・・・予期せぬ出来事でっ
久々のカキコになりますが、近状、予定等のを少し・・・
穴窯、青備前・汐窯 共に窯焚き準備中!
今年は例年より先月中旬頃迄、ほんとドタバタと
割木屋へ行ったり・・・陶土を追加で2t程購入したり
山土系の原土最終へ久々に行ったり、3月には作陶展を済ませ
ろくろ挽き様に土作りと細工物用の土作り・・・
未だ先の話ですが秋頃には久々に個展(只今作陶及準備中)の
段取に打ち合わせ、日々の作陶と忙しくて・・・
当月5月2日には急遽緊急入院、緊急手術を受ける事になり。
日頃の不摂生がたたったのか?
4月中旬頃からイマイチ体調不良気味ではあったけれど忙しさも有り
押し切りながら作陶、各段取〜4月下旬頃からは胸、胃、背中、腰へ
違和感と痛みが有り・・・全く食欲も無くなって
5月1日掛り付け医へ行き精密検査を受け胃薬処方にて帰宅
翌2日朝市から掛り付け医より何度も繰り返しTELが有り至急、手術、入院の
準備をして掛り付け医へ紹介状を取り来いとの事・・・
掛り付け医の説明では白血球、赤血球共に数値が異常を超え 命に係わる状態
時間を争うとの事・・・ 同日昼頃から紹介状を持ち入院の準備をして
総合緊急病院へ直行〜もろもろのさらに詳しい精密検査等を受け
急性胆嚢炎・肝膿瘍との診断 既に胆嚢炎の方は一部破れその他内臓臓器への
癒着有りの為開腹してみてダメな時は切除出来る限りを切除後閉じて集中治療室へ
その後は術式等不明・・・ってな事の説明を受け各同意書へ記載も済ませて
連休中でも有り手術も込み合っていた為予定は深夜からの手術予定にて病室待機
同日8時30分頃高熱が急に出始め急変したので、手術予定時間を変更緊急手術へ
担当医の適切な判断と執刀によりからくも一命を取り留め無事に手術成功。
手術後の担当医からの説明では、後数時間遅ければ手術へ踏み切る事無く
集中治療室へ直行手術は多臓器不全を伴う状態になっていただろうから切開手術は無理
数時間の差で命を取り留めるどうかの切迫した状態だったそうで・・・
今回久々に命に係わるやり取りが有ったので、今は未だ体力無くギリギリでなんとか無事に
乗り越えた手術後の痛みと格闘中・・・
安静にしながらも徐々に体力、気力、筋力と復帰させていかないと・・・


posted by まるちゃん at 23:29| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする